2016年 2月 の投稿一覧

選択範囲をシェイプに変換するスクリプト

選択範囲をシェイプに変換するスクリプトを作成しました。

スクリプトの利用手順について

選択範囲をシェイプに変換スクリプトをダウンロード

DOWNLOAD

(1) ダウンロードしたzipファイルを解凍して「Dearps_選択範囲をシェイプに変換.jsx」をPhotoshopのスクリプトフォルダに移動します。
Windows: C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Photoshop□¥プリセット¥スクリプト
MacOS X: /アプリケーション/Adobe Photoshop□/Presets/Scripts

(2)Photoshopを再起動してファイルを開き、選択ツールで選択範囲を作成します。

(3) [ファイル] / [スクリプト]から「Dearps_選択範囲をシェイプに変換.jsx」を選択すると選択範囲がシェイプに変換されます。

私はこのスクリプトにショートカット(command+U)を設定しています。
またファイルメニュー[選択範囲]/[選択範囲を変形]にも(command+Shift+T)を設定することによりさらに作業の効率化がはかれます。

拡大縮小時「縦横比を固定」にデフォルトでチェックをいれる

Photoshopではレイヤーの拡大縮小時、オプションツールバーの「縦横比を固定」はデフォルトではチェックが入っていない状態になります。
拡大縮小時は縦横比を固定したい場合が多いですよね?

そこでスクリプトを利用して「縦横比を固定」にデフォルトでチェックをいれる方法を紹介します。

スクリプトの利用手順について

自由変形_縦横比固定スクリプトをダウンロード

DOWNLOAD

(1) ダウンロードしたzipファイルを解凍して「自由変形_縦横比固定.jsx」をPhotoshopのスクリプトフォルダに移動します。
Windows: C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Photoshop□¥プリセット¥スクリプト
MacOS X: /アプリケーション/Adobe Photoshop□/Presets/Scripts

(2)Photoshopを再起動して[編集] / [キーボードショートカット]でスクリプトの「自由変形_縦横比固定」に‘Command+T’を設定します。

これで拡大縮小したいときはショートカット‘Command+T’で変形すれば「縦横比を固定」にデフォルトでチェックを入れた状態で作業を進めることができます。